[参列者の感想] 薔薇館での花に囲まれた結婚式🌹

[参列者の感想] 薔薇館での花に囲まれた結婚式🌹

こんにちは💕

参列者レポート≫では結婚式場・披露宴会場の、参列者による口コミ・感想を連載しています。

今月ご紹介する会場は…✨

岐阜県岐阜市にある「薔薇館 The Balakan Art Resort」です❣

花に囲まれて結婚式を挙げたい方におすすめの式場です✾ぜひご覧ください。

Advertisement

薔薇館について

季節になると薔薇が咲き誇ることで有名

薔薇館は、季節になると綺麗に薔薇が咲き誇ることで有名な場所です。

ですが、結婚式が行われていた時期は薔薇の季節とはやや離れていたので、建物の景観はイマイチ想像がつきませんでした。

薔薇館に着くと、建物は美しい植物や季節の花に彩られていて、すごくロマンチックな場所だと思いました!

建物の中には名前の通り、至る所に薔薇の花やオブジェが飾られており、美しかったです。

建物は外装にも内装にもこだわりがあり、どの場所も上品さが漂っていました。

ヨーロッパ風の雰囲気が好きな方や、花に囲まれて結婚式を挙げたい方には、特にオススメの場所です。

✾薔薇舘✾
薔薇舘では薔薇いっぱいのレストランで、ふたりらしさを表現できる、自由で温かな「オーダーメイドウェディング」を行えます。岐阜にあるレストランウエディング「薔薇舘」

アクセス

分かりやすい場所にあり、立地的にも不便さは感じられませんでした。

薔薇館の周辺にはケーキ屋さんのシャトレーゼや銀行、ガソリンスタンドがあります。

また、少し車を走らせると大型ショッピングモールのマーサ21もあるので、周辺施設は充実しています。

近くにバス停もあるので、車を持っていない方でも便利だと思います。

当日の流れは…?

結婚式の待ち時間は、『薔薇館オーベルジュ』というカフェで過ごしました。

オーベルジュはドリンクを飲むことが出来る場所で、お茶やジュース、コーヒーなどメニューが豊富です。オーベルジュ自体も挙式会場と負けず劣らずの美しい場所で、海外のクラッシックの美術館のような雰囲気があってすごく落ち着きました。

カフェの隣には大きなプールがあり、プールの中には薔薇が浮かんでいました。プール周辺の景観も、大変美しかったです。

このカフェの奥には待合室があり、着替えや荷物置き場として使うことが出来ます。

待ち時間の後に、挙式がありました。 挙式は、『セント・ローズマナーハウス』で行なわれます。

挙式の後に屋外に出て、ブーケトスの時間がありました。

その後に写真撮影の時間が設けられています。

挙式の後は『ラ・ローゼ ブランシュ』に移動して、披露宴が行われました。

Advertisement

薔薇館 での挙式について

セント・ローズマナーハウスでの挙式

薔薇館「セント・ローズマナーハウス」

白を基調とした美しい建物で、教会風の内装がとてもロマンチックでした。

結婚式当日には花嫁さんや花婿さんが通る白薔薇のアーチが作られており、華やかさが増しています。

電飾もヨーロッパ風のシャンデリアとなっており、温かみのある上品な明るさでした。

挙式の雰囲気は厳かでした。

挙式は終始、厳かな雰囲気に包まれていました。

新郎・新婦が入場した後、参列者全員で賛美歌を歌います。

その後、指輪の交換やベールアップ、新郎新婦のキスの時間がありましたが、厳粛な雰囲気の中行われたこともあり、すごく美しくてドキドキしました!

会場の雰囲気も手伝って日常感が全く無く、終始映画の中の世界を見ているような感覚でした。

挙式後のブーケトスの時間では、参列者全員に花嫁や花婿に向けて投げる花が渡されました。

ブーケトスの時間は、挙式の厳粛な雰囲気とは打って変わり、楽しげで賑やかな空気でした。

Advertisement

薔薇館の披露宴について

薔薇館「ラ・ローゼ ブランシュ」

披露宴の会場は広々とした場所で、こちらも白を基調としたヨーロッパ風の内装でした。

挙式会場のセント・ローズマナーハウスと異なり、こちらの会場はパーティ会場としての趣が強く、明るくて和やかな雰囲気に満ちています。

挙式会場が教会風とするならば、ラ・ローゼブランシュは豪華なお城の中といったイメージです。

ハートの茶わん蒸しがかわいい披露宴の料理

洋風茶碗蒸し・スープ仕立て

とても美味しかったです。

料理は、

『炙りサーモンと鱈の薔薇仕立て”アンリ・マティス”』
『オマール海老のドーム仕立て”クレーム・ドゥ・オマールソース”』
『洋風茶碗蒸し・スープ仕立て』
『牛フィレ肉のグリル・梅おろしソース』
『特選にぎり寿司』
『ウエディングケーキと季節のフルーツ』
『コーヒーまたは紅茶』

という順番で登場しました。

この中で特に印象に残っているのは、『洋風茶碗蒸し・スープ仕立て』と『牛フィレ肉のグリル・梅おろしソース』の二つです。

洋風茶碗蒸しは茶碗蒸しがハート型となっていて、すごく可愛かったです!

(写真のお料理が洋風茶碗蒸しです)

人参や小口葱などが散りばめられていたのも、お洒落でした。洋風のスープの中に茶碗蒸しが浮かんだものとなっていますが、上品な味わいで美味しかったです。

お肉の方は、爽やかな梅味のソースがボリューミーな肉と相性抜群だと感じました。

梅ピューレの器には桜型の物が使われており、見た目も華やかです。

Advertisement

まとめ

大変素敵な1日でした。

終始、ロマンチックな雰囲気を損なわずに式が取り進められていて、スタッフさんの対応も丁寧で素晴らしかったです。

車椅子で参列される方もいらっしゃいましたが、段差の部分を通る時や道幅の狭い道を通る時など、スタッフの方が迅速に対応していました。

結婚式は、内装や飾りつけ、食事など全ての要素を使って華やかな宴を演出していました。

新郎新婦の方は勿論のこと、参列者の方全員が笑顔になっていて幸せな気分に浸れたと思います。

( ペンネーム  うり)

他の参列者による結婚式レポートはこちら:「参列者レポート」の記事を読む

他の結婚式レポートはこちら:「結婚式・披露宴・二次会」カテゴリーの記事を読む

   
Lady’s Talk 記事募集について

結婚式・披露宴・二次会カテゴリの最新記事